読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れ旅 ヨーロッパ編

子どもを連れてのヨーロッパ旅行、そしてフランスでのあれこれ。

Document de circulation

フランスでの手続き

フランスでのとっても面倒くさい書類手続きと、私たち家族が頑張ったけど門前払いされた話です。

 

私たち家族は、現在フランスに住んでいます。

夫は学生ビザで入国→滞在許可証を取得済

私はビジタービザで入国→滞在許可証を取得済

(大人の滞在許可証取得については、色んなホームページやブログで紹介されているのでそちらをご参照ください。)

 

3歳の娘はビジタービザで入国しました。

未成年(18歳未満)は滞在許可証を取得することはできません。

知らずに移民局(OFII)に申請書を送ったところ、「未成年は滞在許可証は取得できません」という書面と共に、申請書類一式が返送されました。

ビジタービザの期限は1年です。

ビザが切れた後はどうなるの?不法滞在になるの?また日本に戻ってビザを取り直すの?

そのキーワードになるのが「Document de Circulation」です。

 

Document de Circulation

在フランス日本国大使館ホームページより引用

未成年者の滞在許可証について

外国籍のみの未成年者(フランスでは18才未満)は、原則として滞在許可証を取得することはできません。
ただし、フランスを出国し他の国(日本など)に旅行をする際には、あらかじめ、DOCUMENT DE CIRCULATIONという身分証明書を取得しておく必要があります。
DOCUMENT DE CIRCULATION は、フランス再入国時に提示を求められることがありますので、入国審査が円滑に行うためにも取得することをお勧めします。
なお、この身分証明書は、両親の滞在許可証取得後に申請することができます。

滞在許可について|在フランス日本国大使館

 

フランス再入国時に提示を求められる書類です。

申請に必要な書類(下に続きます)から察するに、以下2点を証明する書類だと思います。

  • 子どもと両親の親子関係の証明
  • 子どもが既にフランスに滞在していることの証明

フランスを出国した外国人が、他の子どもを「自分の子ども」として偽って入国させることへの予防策というか。移民に対する措置のように思われます。

 

滞在許可証(更新後)でないと申請できない

 

先に結論からお伝えすると、娘はDocument de Circulation を取得できませんでした。

もとい、申請書を受理してもらえず、門前払いになりました。

理由は「親のどちらかの滞在許可証が、カードでなければならない」

大人の滞在許可証1年目はパスポートにシールが貼ってあるものです。2年目以降は、カードになるらしいです。

この滞在許可証2年目以降のカードにならないと、申請できないと言われました。

どこにも書いてないと思うんだけど…デモデモダッテしてみましたが、「NON!」と一蹴されて終了となりました…

 

パリ警察庁ビザ担当窓口のおばちゃん曰く、

「1年後に、滞在許可証が更新手続きが終わってから来なさい」

「そもそも1年間はビザがあるわけでしょ。1年間はそれで大丈夫」

「というか日本人なんでしょ。日本人なんて特に聞かれることないわよ大丈夫」

 

全く信じられない。フランスで頻発する「担当者によって言うことが違う」じゃないのか。

確かに、ビザは1年間有効なので、まだちょっと先まで猶予があります。そして、子どものビザが切れる前に夫は滞在許可証更新手続きが始まります。まだ少し時間の猶予があるので、少なくてもビザが切れるまでは、再入国の心配は(そんなに)しなくて良さそうです。

夫の滞在許可証がカードになり次第、再チャレンジしたいと思います。

 

というかもう十分嫌になったので、しばらくは警察行きたくないというのが本音です。

実はこの日がDocument de Circulation手続きで2日目の警察でした。

1日目は正午頃行ったところ、受付はすでに締め切り、そして証明写真は「髪が顔にかかっていて、こんなのだめよ!撮りなおしてきなさい!」と言われて出直してきたところでした…

 

Document de Circulation申請書類

申請書は受理されずに門前払いされたので、これでばっちりかどうかは確証がありませんが、一通り申請に必要な書類を用意していたので、ご参考までに載せます。

上から順にチェックされて、最後の方の滞在許可証のコピーまで行って跳ねられたので、おおよそは大丈夫だと思います。

 

ちなみに、パリ警視庁のホームページによると、このDocument de Circulationには大きく2種類あり、うちの子どものケース(子どもの出生地はフランス国外であり、両親がフランスに在住している場合)は「Le Document de Circulation pour étranger mineur (DCEM)」が該当します。

Document de circulation - La préfecture de Police 

 

  「Le Document de Circulation pour étranger mineur (DCEM)」

申請に必要な書類

1. 3か月以内に発行された出生証明書(事前に日本大使館で作成してもらいました)

2. 本人のパスポートと両親のパスポート

3. 証明写真2枚

4. 子どもがフランスに居住していることの証明

5. 居住証明(EDFの領収証を用意していました)

6. 両親の滞在許可証

 

これに加えて、うちの子どものケース(ビジタービザで入国した子ども)の場合、残り3点が必要書類に加わります。

7. ビジタービザが記載されたパスポート

8. 3か月以内のCertificat de Scolarite

9. 45ユーロ分の切手

 

このうち、4と8については、「この子は今年度のクラスに登録していて、何月何日から登園していて、学期末まで通う予定」という書類を幼稚園に作ってもらいました。

 

結構頑張って書類準備して、家族みんなで寒い中、朝8時過ぎから警察庁に並んだりしたんですけどね…

また滞在許可証更新後に挑戦できたらご報告します。